佐賀県のおすすめリフォーム会社紹介(口コミ・評価)

加盟希望はこちら▶

佐賀県のリフォーム

佐賀県でリフォームをするならリショップナビ!
地元密着の工務店から大手リフォーム会社まで、希望の会社を無料でご紹介します。 トイレ・浴室・リビング・玄関など他にも多数のリフォーム事例を公開。 実績をもとに効率的に依頼先を探しましょう。

佐賀県でのリショップナビ見積もり実績 2,170

佐賀県主要地域の見積もりご依頼実績

その他のエリアを見る

佐賀県にお住まいの方にご紹介できるリフォーム会社数 61

リショップナビで一括見積もりすると、
リフォーム料金が最大50%安くなる!

  • リフォーム箇所リビング

    A社200,000

    B社130,000

    35% DOWN

  • リフォーム箇所洋室

    A社830,000

    B社730,000

    12% DOWN

リショップナビご利用のメリット

  • カスタマーサポートがご希望にピッタリの会社を最大5社ご紹介
  • 厳しい加盟審査に通過した優良業者のみをご紹介
  • もしもの時の安心リフォーム保証制度完備

佐賀県評判の良い
リフォーム会社を最大5社ご紹介!

たった
30秒
見積もり
依頼完了!

お電話でも受け付けています!0120-929-609【受付時間】朝10時〜夜21時

佐賀県の方のリショップナビ成約実績

物件種別ごとの成約実績構成
築年数ごとの成約実績構成
人気のリフォーム上位5箇所

1風呂・浴室


2トイレ


3キッチン


4洋室


5洗面所

佐賀県のリフォーム市場概況

佐賀県でリフォームに対応できる可能性のある事業者数は1,168社で、周辺地域と比較して業者数が少ない地域と言えます。
業者によって得意なリフォーム工事内容なども異なるので、数社を比較してみるといいでしょう。
また『住宅リフォーム・紛争処理支援センター』に寄せられた佐賀県のリフォームに関する相談は年間で17件になります。
不要なトラブルに巻き込まれないようにするためにも、リフォーム業者はしっかりと比較して選びましょう。
リショップナビでは厳選した優良業者をご希望にあわせてご紹介しているので、どの業者に相談するべきか決められないという方は、ぜひご相談くださいね。

お役立ちFAQ

リフォーム箇所から佐賀県のリフォーム会社を探す

佐賀県の市区郡で絞り込む

佐賀県の人口は82.88万人です(2019年時点)。前回調査時の2018年には83.33万人だったので、前回と比較して、-0.45万人となっています。
また、佐賀県の持ち家率は69.49%で、全国平均(62.32%)よりも高いです。

佐賀県では、2001 〜 2010年が最も多く、次いで1991 〜 2000年、1981 〜 1990年頃に多く住宅が建築されています。
一般的には、キッチン・風呂・トイレ・洗面などの水まわりや、外壁のリフォームは築10〜20年頃、屋根は築10年程度で塗装を検討、20年以上になると葺き替えも検討したいところです。
適切なタイミングを逃すと、工事範囲が広くなったり、工事費用が高くなることもあるので、そろそろかも、と思ったらリフォームを検討してみるといいでしょう。
どんな症状が出たらリフォームするべき?箇所別に詳しく解説!>

ゆったりとした間取りを実現できる佐賀県で、理想の二世帯住宅にリフォームを

九州の北西部にある佐賀県は、唐津・伊万里・有田などの陶磁器の産地として有名で、吉野ヶ里遺跡もよく知られています。
気候は比較的温暖ですが、緯度の割に冬の寒さは厳しく、東京よりも寒いくらいです。
佐賀県内でも、佐賀市周辺と鳥栖市周辺は近年人口が増加傾向です。
佐賀市でも、県庁辺りの兵庫は開発が急速に進み、住宅地としても人気です。
大型ショッピングセンターのほか小型スーパー、飲食店、レンタルビデオショップ、映画館、総合病院など施設も充実しています。

佐賀も基本的に車社会ですが、自然が豊かで、少し車を走らせればいたるところに大きな公園や川があります。
渋滞も少なく、ほとんどの店や公園、病院には駐車場があり、たいてい無料なので、車があれば住みよいところと言えるようです。
佐賀駅からは特急で博多駅に35分くらいで行けます。
鳥栖市は、九州自動車道を結ぶジャンクションがあり、新幹線もあるので福岡市周辺と佐賀市両方にも1時間以内で行けるので非常に便利です。
鳥栖市には鳥栖プレミアムアウトレットがあるので、生活に必要なものは全て手に入ります。
佐賀は地震や津波などの自然災害が少なく、食べ物は美味しいし、持ち家率も全国で高く、安価となっています。
東京などから転勤してきた人も、部屋の広さに驚くことが多いようです。

団塊世代が定年を迎えてからは佐賀県でもリフォームに対する関心は高く、新築よりも経済的負担の少ない改築を望む傾向にあります。
また、健康志向からシックハウス対応、木の香りのするものや羊毛断熱など素材にこだわるなど、ニーズも多様化しています。

二世帯住宅の場合、これまでは一階と二階に分けて住む形が多かったのが、費用の削減から、キッチン、トイレ、風呂を共有し部屋割りするケースが多くなっているようです。
キッチンや浴室を共有したほうが間取りも効率的、光熱費も経済的ですし、顔を合わせる機会が多くなると、家族のコミュニケーションもとりやすくなります。
二世帯住宅は、にぎやかさとプライバシーのメリハリをつけるのがポイントでしょう。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。