外構工事・エクステリアリフォームの費用相場!安くおしゃれにする方法もご紹介!

加盟希望はこちら▶

外構工事・エクステリアリフォームの費用相場!安くおしゃれにする方法もご紹介!

更新日:2022年04月01日

外構

外構工事やエクステリアリフォームの費用相場をご紹介しています。住宅周辺の門扉やフェンス、ウッドデッキなどの外構部分のリフォーム料金の相場がわかります。希望するスタイルや、こだわるポイントによって費用が変わりますので、事前に確認して適正価格でエクステリアリフォームをしましょう。

外構工事・エクステリアリフォームの中心となる価格帯

外構リフォーム

こちらでは、リショップナビの事例をもとに、エクステリア・外構リフォームにかかる費用相場を確認できます。
(※リショップナビ事例より 2021年4月時点集計データ)

エクステリア・外構リフォーム 費用相場

外構・エクステリアとは、住宅の外周部分のことで、インテリアの反対の意味でエクステリアと呼びます。
具体的には、以下のような部分を指します。

● 門扉
● 門柱
● フェンス(塀)
● アプローチ
● カーポート(ガレージ)
● ウッドデッキ
● サンルーム

エクステリアリフォームの中心になる価格帯は、50万円以内です。
また、家のまわりのエクステリア工事と、庭やガーデニングの造成は同じタイミングで依頼をした方が全体の予算を抑えられます。

そのため、外構工事の前は家の外側をどのように施工したいかイメージを確立させておきましょう。
ただし、予算に限りがあり、できるだけ抑えたい場合は、ガーデニングはDIYで行うとよいでしょう。

外構 エクステリア

エクステリアを整備していない家も多いですが、家の印象を大きく左右する部分です。
さらに、門扉やフェンスなどは防犯やプライバシーに関わる部分でもあるので、安全性も考えて、リフォームを検討してみましょう。

予算に合わせて
外構リフォームしたい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

50万円未満でできるエクステリア・外構リフォーム

50万円未満でできるエクステリア・外構リフォーム

ここからは、価格帯別に一般的なエクステリア・外構リフォームの工事にかかるおおよその金額を見ていきます。
記載している金額には、外構設備などの材料費や工事費用、諸経費を含みます。
50万円未満なら、目安として以下のようなリフォームが可能です。

● 門扉の交換
● カーポートの設置
● 駐車場整備
● アプローチの工事
● 手すりやスロープの設置
● 照明の設置、交換
● 庭の植栽
● バルコニー、ベランダの修繕
● ウッドデッキの設置

施工規模や使用する製品、材料によってはこの限りではありません。
詳しい内訳は業者による見積もり時に確認しましょう。

事例1
門扉設置リフォーム

工事費用 34万円
施工日数 2日
駐車場の入口に、両開きの門扉を新たに設置しました。オーダーメイドのオリジナル製品で、使い勝手も大変よいと喜ばれました。

門扉のドアの選び方

門扉は、通常のドアと同様に開き方に種類が複数あり、上から順に高価なタイプです。

● スライド
● 両開き
● 親子開き
● 片開き

ただし、自動ロックや電子錠などの機能を付けると値段が変動するので、注意が必要です。
また、別途インターホンなどを付ける場合は、室内の工事も必要なのでさらに費用が高くなります。

>> 門扉リフォームの価格・施工例・注意点

事例2
カーポート設置

工事費用 42万円
施工日数 7日
カーポートを新たに設置する場合の費用です。カーポートは設置する車の台数や種類によって金額が変わります。台数が増えればそのぶん設備も大きくなり、工事範囲が広がるので高額になります。

カーポートの支柱タイプの選び方

カーポートには支柱が片側のみと、両側にあるタイプがあります。

片側支柱タイプは主に1台用です。
本体価格は、10~40万円ほどが相場です。

両側支柱タイプは1~2台用で、強度があり、積雪や台風に強いです。
本体価格は、20~60万円ほどです。
ただし、豪雪地域に適したタイプや、カーポートの機能性が高い場合はさらに高額となるでしょう。

>> ガレージ・カーポートリフォームの価格・施工例と注意点
>> 耐雪カーポートのリフォーム価格とおすすめ品
>> カーポートの屋根や支柱を修理したい!費用や注意点は?

事例3
アプローチ整備

工事費用 23万円
施工日数 5日
アプローチとは、門扉から玄関ポーチまでの通路のことです。今回の依頼主さまは、高齢のご家族と同居するにあたり、安全性を高めたアプローチの施工をご希望でした。曲線を描くようにアプローチをデザインして、快適かつおしゃれな外構に仕上げました。

アプローチリフォームの㎡単価・費用

アプローチのリフォームでは、砂利やタイルなどを敷き詰めたり、コンクリートで整備したりします。
使用する素材によってテイストが大きく異なりますので、家の雰囲気に合わせて検討しましょう。

使用する素材や、地面の状況・広さによって異なりますが、費用はおおよそ5,000〜3万円/㎡と考えておくとよいでしょう。
また、将来のことを考えて、段差をスロープにしたり、手すりを付けたりすることもあります。

50万円未満のエクステリア・外構リフォームの事例

予算に合わせて
外構リフォームしたい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

50〜100万円でできるエクステリア・外構リフォーム

50〜100万円でできるエクステリア・外構リフォーム

50~100万円未満なら、目安として以下のリフォームが施工可能です。

● フェンス設置
● カーポート・ガレージの設置
● 塀の施工
● サンルームやテラス囲いの設置

施工する範囲や設置する製品・材料によっては費用が変わります。

また、50万円未満で紹介した施工内容のグレードを上げたリフォームもここに含まれます。

事例4
家の外周にフェンスを設置

工事費用 75万円
施工日数 3日
家のまわりに新しくフェンスを設置した事例です。エクステリアフェンスは、防犯の目的やプライバシーの点から見ても設置しておきたいものです。また、今回は台風によって既存フェンスが壊れてしまい、新たに設置したいというご依頼でした。 台風に負けない、頑丈なフェンスを設置しました。

フェンスの素材について

フェンスに使う素材には以下のようなタイプがあります。
上から順に、価格が高い素材となります。

● 鋳物
● アルミ
● ウッド
● ステンレス

また、フェンスを設置、交換する際は、高さや風通し、家のデザインとの相性なども考慮するとよいでしょう。

>> 目隠しフェンスの価格・施工例
>> ウッドフェンスはDIYで作れる?リフォーム業者に頼む?費用の比較・注意点

事例5
ガレージの設置

工事費用 80万円
施工日数 10日
新しいお車を購入したタイミングで、ガレージの設置をご依頼いただきました。既存のガレージを運び、設置しました。

50〜100万円のエクステリア・外構リフォームの事例

予算に合わせて
外構リフォームしたい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

100万円以上でできるエクステリア・外構リフォーム

外構 エクステリア リフォーム

門扉やフェンスなどのエクステリア全体をリフォームする場合は、100〜150万円を超えてしまうことも多いです。

コンクリート打ちなどの基礎工事をする際は、重機が必要になるため同時に工事をした方が効率的で節約にもなります。
いずれ改修する予定がある場合は、別々に実施するよりも同じタイミングで外構全体のリフォームをすることをおすすめします。

事例6
フェンス・門扉・庭のリフォーム

工事費用 110万円
施工日数 16日
フェンスと門扉、庭を同時にリフォームしました。工事前には依頼主さまとじっくりと話し合い、施工後はご希望通りの外構に仕上がったと喜んでいただけました。

100万円以上のエクステリア・外構リフォームの事例

予算に合わせて
外構リフォームしたい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

外構工事・エクステリアリフォームにかかる費用をできるだけ抑える方法

外構リフォーム費用

外構工事やエクステリアリフォームにかかる費用をできるだけ抑えるおすすめの方法は、以下の4つです。

● シンプルなデザインに仕上げる
● 希望する工事は同時に行う
● 可能な箇所はDIYをする
● 相見積もりをして価格を比較する

上記の方法を実践いただくことで、相場よりも安くリフォームが行える場合もあります。
以下にてそれぞれの具体的な方法を解説するので、ぜひご覧になって参考にしてみてください。

シンプルなデザインに仕上げる

シンプル 外構

外構のレイアウトやデザインをシンプルにすると、施工の手間が省けて費用を安くできる場合があります。
複雑でデザイン性の高い外構やエクステリアにすると、施工費や材料費がよりかかってしまいます。

しかし、こだわりたいポイントがあれば優先的に取り入れて、リフォームの満足度を高めましょう。
ほかのリフォーム箇所にシンプルなデザインを採用して、費用を抑えるようにしましょう。

希望する工事は同時に行う

外構リフォーム 業者

外構工事で、希望する施工内容が複数ある場合は、同時に依頼すると人件費や諸経費などが抑えられます。
工事内容によっては、同時に依頼することで工期を縮められます。
そのため、人件費が抑えられるのです。

外構のリフォームをしたいとお考えの際には、どの部分を施工したいか、リストアップしてみましょう。
希望の内容を業者に相談して、できるだけ同時に工事を行うようお願いしてみることをおすすめします。

可能な箇所はDIYをする

外構リフォーム DIY

可能であれば、DIYで外構工事を行うことで費用を抑えられます。
DIYで行える外構工事には、以下のような内容があります。

● 砂利やタイルを敷き詰める
● フェンスの設置
● ウッドデッキの設置
● ガーデニング

今は、フェンスやウッドデッキなどはDIYでも施工できるようにキットが販売されています。
そのため、簡易的なタイプにはなりますが、DIYでも施工が可能です。

ただし、仕上がりのよさや耐久性を重要視する場合は、業者へ依頼することをおすすめします。

相見積もりを行って工事価格を比較する

外構リフォーム 見積もり

相見積もりを行い、工事価格を比較して安い業者に依頼するのもおすすめです。

相見積もりとは、同じ工事内容で複数の業者に見積もりを依頼することです。
受け取った見積書を比較して、詐欺を未然に防いだり、価格が安い業者に依頼できたりします。

ただし、費用が安すぎる業者は施工不良が発生する恐れもあります。
見積書の内容を確認して、使用する部材や工事内容が適切に記載されているかチェックしておきましょう。

外構やエクステリアをおしゃれに仕上げるためのポイント

外構 おしゃれ

外構やエクステリアをおしゃれに仕上げるためのポイントは、以下の3点です。

● デザインを統一する
● ガーデニングで外構を彩る
● 門から玄関を奥行きある空間にする

外構工事では、どのようなデザインにするか悩まれる方も多いです。
しかし、外構は家の顔ともいえる場所なので、お好みのデザインでおしゃれに仕上げましょう。

以下にて、それぞれのポイントの内容を解説するので、ぜひチェックしておきましょう。

デザインを統一する

外構 デザイン

外構の全体的なデザインを統一することで、おしゃれに仕上げられます。
おしゃれなデザインと聞くと、奇抜で斬新なイメージを持たれるかもしれません。

しかし、シンプルながらもデザインが統一されていれば、バランスのよい素敵な空間となるのです。
また、外構のデザインには、以下のようなスタイルがあります。

● 北欧風
● 和風
● アジアンテイスト

北欧風に仕上げる場合は、ガーデニングや木材を使ったエクステリアを設置するとよいでしょう。
和風な外構にする際は、小さな池を施工したり、飛び石のアプローチに仕上げたりすると雰囲気が出ます。

また、アジアンテイストの外構では、南国にいるような心地よさを演出することが大切です。
ヤシの木を植えたり、照明にこだわったりしましょう。

ほかにもさまざまなスタイルがあるので、お好みの仕上がりとなるように、業者に希望を伝えてデザインを考えてみましょう。

ガーデニングで外構を彩る

外構 ガーデニング

花や木などを植えて、彩りのあるおしゃれな外構にするのもおすすめです。
庭に鮮やかな花を咲かせたり、外構のポイントとなる木を植えてみたりしましょう。

ガーデニングはDIYでも行いやすいので、外構リフォームの後に物足りなさがあった場合には、追加で工事をするのもよいでしょう。

門から玄関までを奥行きのある空間にする

外構 玄関

門から玄関までを奥行きのある空間にすることで、広くておしゃれな外構に見せられます。
例えば、曲線のデザインのアプローチにすると、奥行きが出ます。

また、植木を活用して目隠しをつくることで、広い空間を演出できるでしょう。

おしゃれに外構
リフォームしたい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

新築でエクステリアをつくる場合の依頼先

外構リフォーム 業者

新築の家を建てた場合に、外構工事をお願いする先は「ハウスメーカー」「外構専門業者」かを選べます。

それぞれの会社にはメリットとデメリットがあるので、希望に合わせて選びましょう。
以下にて、ハウスメーカーと外構専門業者のメリット、デメリットを解説します。

ハウスメーカーの場合

外構リフォーム 業者

ハウスメーカーのメリットとデメリットは、以下の通りです。

【メリット】

● 建築時、同時に打ち合わせができる
● 支払いが一括
● 家と外構の引き渡しが同時

【デメリット】

● 中間マージンが発生して、料金が割高になるケースがある

ハウスメーカーの場合は、住宅の建設とともに外構工事ができるため手間が省けます。
しかし、下請け業者に工事を依頼するケースが多いため、中間マージンがかかるでしょう。

外構専門業者の場合

外構リフォーム 業者

外構専門業者のメリットとデメリットは以下の通りです。

【メリット】

● 中間マージンが発生しない
● 専門性が高い

【デメリット】

● 改めて業者を探すため手間がかかる
● 家の引き渡し後に工事となる

外構専門業者に依頼すると、専門技術を持った職人に直接施工してもらえるため、希望が通りやすいです。
しかし、新たな業者を探すことになるため、契約や打ち合わせなどの手間が増えてしまいます。

このように、どちらに依頼するかで、メリットやデメリットが異なります。
また、単純に施工費用が安ければよいというわけではありません。
人件費や材料費を削って粗悪な工事を行う業者や、必要以上に費用を盛っている会社も少なくありません。

そのため、外構リフォームが得意な複数の会社に見積もりを依頼して、最も相性のよい業者に工事をお願いしましょう。

外構リフォームが得意な
施工会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

【この記事のまとめ&ポイント!】

50万円以内で実施可能なエクステリア・外構リフォームは、何がありますか?
門扉やアプローチなどの設置は、50万円以内で実施できることが多いです。
詳しくは、こちらをご確認ください。
50〜100万円で実施できるエクステリア・外構リフォームは、何がありますか?
住宅の周囲にフェンス・塀をつくり、さらにカーポートなどもリフォームする際には、50万円以上かかることがあります。
詳しくは、こちらをご確認ください。
100万円以上で実施可能なエクステリア・外構リフォームは、何がありますか?
門扉やフェンスなどエクステリア全体をリフォームする場合は、100〜150万円を超えてしまうことが多々あります。
詳しくは、こちらからご確認いただけます。
外構リフォームが得意な
施工会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶
リフォーム費用は比較で安くなる! 最大50%DOWN 簡単30秒 サイト利用者数No.1 無料リフォーム会社一括見積もり依頼 カスタマーサポートがびったりの会社をご紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

エクステリア・外構のおすすめ記事

  • ブロック塀の解体撤去・補強・補修リフォームの費用!地震対策は大丈夫?

    ブロック塀は、外からの視線をシャットアウトしたり、敷地の境界線をはっきりさせたりと、何かと役に立つエクステリアの一つです。しかし、地震の際に倒壊の恐れがあるとして、建築基準法を満たさない、または劣化したブロック塀や万年塀が問題になっています。自宅や身の回りのブロック塀が基準を満たしていない場合は、業者に依頼をして、撤去・解体や基準に合うような補修・補強をする必要があります。補修だけで済むのか、交換した方が良いのか、最適なリフォームプランを考えてみましょう。

  • サンルームを後付する価格はどれ位?リフォーム・増築する際の注意点とおしゃれな事例7選

    暖かい太陽光を家の中に取り込む、サンルームやガーデンルームは、ルームウェアのままで日向ぼっこをしたり、洗濯物を部屋干ししたりと、生活をワンランクアップしてくれる快適な空間。ウッドデッキやベランダをリフォームしてサンルームにすることもあるようです。そこで、おしゃれなサンルームの実例や、LIXIL(リクシル)・YKK APの人気商品でリフォームした事例と費用・価格、設置時の注意点、DIYは可能かどうかについてご紹介します。

  • ウッドデッキのリフォームの価格と素材別施工例!

    ウッドデッキのリフォームを行い、ご家族がリラックスする場所や洗濯物を干しやすいスペースを確保したいというご家庭が増えています。ウッドデッキの材木には天然木と人工木(樹脂製)があるため、それぞれの特徴を把握しておきたいですね。リフォームの際のポイントや、参考にしたくなるおしゃれな施工例、費用相場、人気メーカーであるLIXILや三協アルミの製品についてチェックしておきましょう。

  • ロードヒーティングの設置費用はいくら?ボイラー式などの種類比較や注意点!融雪機/融雪槽との違いは?

    「毎年、雪かき作業がしんどい」「駐車場などの除雪の負担から解放されたい」といったお悩みから、ロードヒーティング(ロードヒーター)の設置を検討される方は、多くいらっしゃいますよね。けれどもやはり心配なのは、工事費用や、リフォーム後のコストパフォーマンス性ではないでしょうか。そこで今回は、ロードヒーティングの施工価格や、主な種類・仕組みの違い、メンテナンスの有無について解説します。また、融雪槽・融雪機と迷った場合の料金差や比較基準などについてもご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

  • 雪対策でおすすめのリフォーム9選!費用相場も解説【駐車場/玄関/窓など】

    積雪の時期には、玄関ドアが開かなくなってしまったり、駐車場などの雪かきが大変になったりと、色々なトラブルが起きやすいもの。また、屋根から落雪したり、カーポート・サンルーム・雨樋などが破損したり……という例も珍しくなく、場合によっては危険な事故の原因にもなってしまうため、事前にきちんと予防しておきたいですよね。今回は、一軒家の屋根や外構でおすすめの、雪対策のリフォーム方法や費用相場についてご紹介します。雪囲いパネル(ハウスガード)・雪止めフェンスの設置料金など、詳しくチェックしておきましょう。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。