屋根リフォームの費用・施工例(塗装/カバー工法/葺き替え)!補助金やおすすめ業者の口コミもご紹介

加盟希望はこちら▶

屋根リフォームの費用・施工例(塗装/カバー工法/葺き替え)!補助金やおすすめ業者の口コミもご紹介

更新日:2021年11月10日

屋根リフォームの費用・施工例(塗装/カバー工法/葺き替え)

屋根のリフォームの際には「費用はいくら?」「補助金や火災保険は、利用できる?」と気になる方が多いはず。築年数によっては「工法は、塗装・カバー工法(重ね葺き)・葺き替え、どれがよい?」という点で悩む方もいらっしゃいますよね。そこで、屋根リフォームの価格相場、施工費用を安く抑えるコツ、おすすめの会社の口コミなどをご紹介します。当サービス『リショップナビ』の加盟業者が手がけた施工事例(費用・築年数なども掲載)も、参考にしてくださいね。

屋根リフォームの費用相場・価格帯の目安

屋根リフォームの費用相場・価格帯の目安

屋根をリフォームする際には、さまざまな工法が用いられるものですが、本記事では「塗装」「カバー工法(重ね葺き)」「葺き替え」の費用相場や施工例について、ご紹介していきます。

詳細は、後ほど順番に解説していきますが、まずは各リフォーム方法の価格帯・特徴の違いについて、簡単に確認しておきましょう。

塗装・カバー工法・葺き替えの価格帯

工法の種類 費用相場
塗装 15〜80万円
カバー工法 60〜250万円
葺き替え 70〜260万円

(※施工面積・新たに採用する塗料・建材、同時に行う補修工事の規模などによって、費用が変動します)

屋根リフォームの工法(塗装・カバー工法・葺き替え)の違い

塗装(塗り替え)
塗り替え(塗装・塗り直し)は、スレートやガルバリウム鋼板などの屋根では必須の工事です。
屋根の美観を保つだけではなく、塗膜によって屋根材を保護するためにも重要なリフォーム方法と言えます。

使用する塗料によって費用が大きく異なりますが、単価が安い塗料は耐久年数が短い傾向にあります(具体的な値段・耐久性の差については、後述します)。
カバー工法(重ね葺き)
既存の屋根の上に、新しい屋根材を重ねる工法です。
「屋根自体は劣化しているが、下地までは傷んでいない」という場合に、おすすめです。

現在の屋根材が「スレート」「ガルバリウム鋼板」のような平板であれば、基本的に施工可能です(一方、瓦屋根をリフォームする場合には不向きです)。

解体や廃材処理などの作業がほとんどないため、騒音やホコリが立ちにくく、工事にかかる費用・期間を抑えられるというメリットがあります。

ただし屋根部分の重さが増える分、耐震性に悪影響が出るかもしれません。
カバー工法では軽量な屋根材を使用することが多いですが、不安な方は事前にリフォーム会社に相談しましょう。
葺き替え
葺き替え工事では、今ある屋根材を撤去し、屋根の下に敷かれている「ルーフィング(防水シート)」も一緒に交換します。
屋根全体を一新できるので、既存のものより軽い屋根材にして耐震性能を上げることも可能です。

ただ、元々あった屋根の解体・処分を行うため、施工費用が高額になり、工期がやや長くなるというデメリットがあります。
解体時に耳障りな音やホコリが出るため、近所とトラブルにならないよう注意する必要もあるでしょう。

「どのような問題が発生するか」「工期はどの程度か」「ご近所への挨拶を一緒に行ってくれるか」など、リフォーム会社に確認しておくと安心です。

<築20年以上の場合は「カバー工法」や「葺き替え」も検討>

築20年以上の場合は「カバー工法」や「葺き替え」も検討

屋根自体の耐久性は、素材(スレート・ガルバリウムなど)によって異なりますが、下地に使用されている「ルーフィング(防水シート)」や「野地板」などは、20年前後で劣化するものです。
そのため築20年以上の場合は、塗装以外の工法も視野に入れることをおすすめします。

「どの工法が適しているか」「葺き替える場合、予算内で可能か」など不安な点がある場合には、業者に現地調査してもらった上で質問してみましょう。
屋根の劣化状態に合った最適なリフォームプランを、プロに提案してもらうとよいですよ。

我が家の屋根はどの工法がよい?
リフォーム会社と相談したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

以下より「塗装」「カバー工法(重ね葺き)」「葺き替え」各リフォーム費用の具体的な内訳について、解説します。
当サービス『リショップナビ』でご紹介している施工業者による事例も掲載しているので、実際にかかった工事費用・日数なども、ぜひチェックしてくださいね。

屋根塗装リフォームの費用・施工事例

屋根塗装リフォームの費用・施工事例

屋根の塗装を行う際のリフォーム費用は、総額15〜80万円が目安です。
塗料の種類や、屋根の面積・形状、足場を設置する必要があるかどうかによって、料金が変わってきます。

修理が必要な箇所がある場合には、補修工事費が別途かかります。
屋根のズレや割れ、雨漏りや腐食などの問題がないか、塗り直しをする前に確認してもらいましょう。

屋根塗装リフォームの費用相場・施工単価

屋根の塗装工事の内訳は、おおむね以下の通りです。

内容 施工単価
塗料の施工 1,200〜5,500円/㎡
養生・メッシュシート 100〜400円/㎡
高圧洗浄 150〜300円/㎡
ケレン 400〜600円/㎡
タスペーサー・縁切り作業 (必要な場合) 360〜800円/㎡
足場 (必要な場合) 600~900円/㎡
工事管理費・諸経費 工事費の約3~10%
内容 施工単価
塗料の施工 1,200〜5,500円/㎡
養生・メッシュシート 100〜400円/㎡
高圧洗浄 150〜300円/㎡
ケレン 400〜600円/㎡
タスペーサー・縁切り作業 (必要な場合) 360〜800円/㎡
足場 (必要な場合) 600~900円/㎡
工事管理費・諸経費 工事費の約3~10%

<【屋根塗料の種類別】施工価格や耐久年数の違い>

前述の通り、採用する塗料によって値段・耐久性が異なります。

中でも「シリコン塗料」はコストパフォーマンス性が高いことから、長年人気があります。
また価格はやや高額ですが、紫外線の影響を受けやすい屋根を守るため、高耐久の「フッ素塗料」を採用されるご家庭も多く見られます。

塗料の種類 施工単価 耐用年数
ウレタン 1,200~2,200円/㎡ 6〜10年
シリコン 1,600~3,500円/㎡ 8〜15年
ラジカル 1,800~4,500円/㎡ 12〜15年
フッ素 1,800~4,800円/㎡ 8〜20年
断熱・遮熱(『ガイナ』など) 2,300~4,500円/㎡ 15〜20年
無機 4,000~5,500円/㎡ 15〜25年

>>【参考記事】外壁塗装で使われる主な塗料の種類まとめ

塗料を選ぶ際には「何年、同じ家に住むか」「次は何年後に屋根のリフォームを行うか」という点を考慮するとよいでしょう。

屋根塗装リフォームの施工例

2階建ての屋根をフッ素塗料で塗装

リフォーム費用 28万円
施工日数 3日
築年数 15年
2階建てのお住まいにて「屋根を特に丁寧にメンテナンスしてほしい」というご要望でしたので、耐久性の高いフッ素塗料で塗装しました。
使用した塗料は、エスケー化研社の主力商品『ヤネフレッシュ』です。

また同時に、外壁塗装も行いました。
(リフォーム総額・約93万円)

>> この事例の詳細を見る

ラジカル塗料で、傷んでいたカラーベストをきれいに

リフォーム費用 30万円
施工日数 5日
築年数 20年
施主様からの「できるだけ安く施工してほしい」というご要望にお応えし、日本ペイント社のラジカル塗料『パーフェクトトップ』で塗装しました。

工事前のカラーベスト屋根はかなり傷んでいましたが、塗装によるメンテナンスで、今後10年くらいは安心です。

>> この事例の詳細を見る

その他の屋根塗装リフォームの実例

屋根の塗装工事が得意な
リフォーム会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

屋根カバー工法(重ね葺き)リフォームの費用・施工事例

屋根カバー工法(重ね葺き)リフォームの費用・施工事例

屋根のカバー工法(重ね葺き)を実施する場合、リフォーム費用は総額60〜250万円程度を見込んでおきましょう。

グレードの高い屋根材を重ねる場合や、複雑な形状の屋根に施工する際などには、費用が高額になりやすいです。

屋根カバー工法リフォームの費用相場・施工単価

カバー工法の内訳・単価については、下記の表を参考にしてください。

内容 施工単価
新屋根材の施工 5,000〜11,000円/㎡
(※安い屋根材=〜7,000円/㎡)
ルーフィング(防水シート) 500~1,500円/㎡
棟板金・軒・ケラバなど 3,000~11,000円/㎡
野地板・コンパネなど
(下地も劣化している場合)
1,500~2,500円/㎡
足場 (必要な場合) 600~1,000円/㎡
工事管理費・諸経費 工事費の約5~10%
内容 施工単価
新屋根材の施工 5,000〜11,000円/㎡
(※安い屋根材=〜7,000円/㎡)
ルーフィング(防水シート) 500~1,500円/㎡
棟板金・軒・ケラバなど 3,000~11,000円/㎡
野地板・コンパネなど (下地も劣化している場合) 1,500~2,500円/㎡
足場 (必要な場合) 600~1,000円/㎡
工事管理費・諸経費 工事費の約5~10%

新しい屋根材に「アスファルトシングル」や「スレート」を用いると、安くリフォームできます。
ただし長く住み続けるご予定であれば、寿命が比較的長い「ジンカリウム」や「ガルバリウム鋼板」といった屋根材を採用するのがおすすめです。

>> 屋根のカバー工法(重ね葺き)のメリット・デメリットと費用

屋根カバー工法リフォームの施工例

雨漏り対策のため金属屋根へと改修

リフォーム費用 80万円
施工日数 4日
築年数 20年
「雨漏りを解消し、かつ長期にわたって雨漏りしないように改修したい」とのご依頼でした。

スレート屋根の寿命が近付いていたため「塗装」と「金属屋根を重ね葺き」する方法をご提案し、それぞれのメリット・デメリットをご説明したところ、重ね葺きによる改修案を採用されました。

>> この事例の詳細を見る

シングル屋根を、カバー工法でジンカリウム屋根に

リフォーム費用 97万円
施工日数 7日
築年数 15年
お客様のご希望は「既存のシングル屋根を、カバー工法でリフォームしたい」とのことでした。
そこでジンカリウム屋根の中でも人気の高い、ディーズルーフィング製『ローマン』を施工しました。

同時に外壁も塗装し、建物の外観がガラッと変わりました。
(リフォーム総額・約216万円)

>> この事例の詳細を見る

その他の屋根カバー工法リフォームの実例

屋根のカバー工法が得意な
リフォーム会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

屋根葺き替えリフォームの費用・施工事例

屋根葺き替えリフォームの費用・施工事例

葺き替え工事の際には、総額70〜260万円ほどのコストがかかります。

アスベスト含有屋根(古いスレートなど)を葺き替える場合、アスベストの処理費用が発生するため、予算組みの際に注意しましょう。

屋根葺き替えリフォームの費用相場・施工単価

内容 施工単価
新屋根材の施工費 【スレート】
5,000〜7,000円/㎡
【ガルバリウム】
6,500〜8,000円/㎡
【和瓦/洋瓦】
8,000〜15,000円/㎡
既存屋根材の撤去費 1,500~3,000円/㎡
ルーフィング(防水シート) 500~1,500円/㎡
下地の補修 2,000~3,500円/㎡
足場費用 (必要な場合) 600~1,000円/㎡
アスベスト処理費
(アスベスト含有屋根の場合)
20,000~85,000円/㎡
工事管理費・諸経費 工事費の約5~10%
内容 施工単価
新屋根材の施工費 【スレート】
5,000〜7,000円/㎡
【ガルバリウム】
6,500〜8,000円/㎡
【和瓦/洋瓦】
8,000〜15,000円/㎡
既存屋根材の撤去費 1,500~3,000円/㎡
ルーフィング(防水シート) 500~1,500円/㎡
下地の補修 2,000~3,500円/㎡
足場費用 (必要な場合) 600~1,000円/㎡
アスベスト処理費 (アスベスト含有屋根の場合) 20,000~85,000円/㎡
工事管理費・諸経費 工事費の約5~10%

新しい屋根材に「スレート」や「ガルバリウム鋼板」を採用すると、比較的安くリフォームできます。

>> 屋根の葺き替えのメリット・デメリット・費用相場

瓦以外の軽量な屋根材(ガルバリウムなど)に葺き替える場合には、リフォーム補助金の対象になる可能性があるため、気になる方はチェックしておくとよいでしょう。

屋根葺き替えリフォームの施工例

雨漏りしていた瓦屋根をガルバリウム屋根に

リフォーム費用 85万円
施工日数 3日
築年数 32年
屋根から雨漏りがしていたため、工事を依頼されました。
屋根裏から状況を確認したところ、屋根下地の防水シートが劣化・破損しており、屋根裏へ垂れ下がっていることが判明。

補修工事で直すのは難しい状態だったため、お客様にお伝えしたところ「確実な方法で修繕したい」とお話しされたため、葺き替えることにしました。

>> この事例の詳細を見る

コロニアル屋根からガルバリウム鋼板に葺き替え

リフォーム費用 132万円
施工日数 7日
築年数 25年
「古くなったコロニアル屋根の撤去」「下地の強化」「断熱材入りのガルバリウム鋼板屋根へのリフォーム」というご希望に沿って、葺き替え工事を行いました。
新しい屋根材は、アイジー工業のガルバリウム屋根『スーパーガルテクト』です。

換気棟の新設工事も実施したため、屋根裏対策も万全です。

>> この事例の詳細を見る

その他の屋根葺き替えリフォームの実例

屋根の葺き替え工事が得意な
リフォーム会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

ここからは「屋根や外装のリフォームにかかる費用を、できる限り安くしたい」という方のための情報を、簡単にお話しします。

屋根のリフォーム費用は「外壁とセット」で格安に

屋根のリフォーム費用は「外壁とセット」で格安に

屋根リフォームの際には、基本的に足場を組むことが多いです。
同様に足場を使用する可能性が高い「外壁」や「ベランダ・バルコニー」のリフォームもあわせて実施しておくことをおすすめします。

足場代は設置環境などにより変動しますが、一般的な30坪程度の外壁全面をリフォームする場合は15万円前後かかります。
屋根と外壁のメンテナンス工事を別々に行うと、足場の設置・解体にかかる費用が2回も発生してしまいます。
一方、同時に屋根・外壁をリフォームする場合は、足場代は1回分だけ支払えばよいことになります。

外装リフォームのトータルコストを節約したい場合には、ぜひまとめて工事することを検討してみてください。

>> 足場の費用・単価はいくら?
>> 外壁リフォーム(塗装/カバー工法/張り替え)の費用相場
>> ベランダ・バルコニーのリフォームの費用相場

屋根リフォームで補助金(助成金)や火災保険は使える?

施工内容・地域・工事の理由によっては、屋根のリフォームの際に「補助金(助成金)制度」や「火災保険」を利用できる場合があります。
それぞれの主な条件について、チェックしてみましょう。

「省エネ/耐震工事」や「地元業者」なら、補助金(助成金)対象の場合あり

補助金(助成金)の対象

地域によって異なりますが、下記のような場合には、自治体が行っている補助金・助成金の対象となる可能性があります。

屋根の断熱・遮熱対策をする場合
(例:断熱塗装・遮熱塗装・断熱リフォームなど)
屋根の耐震化リフォームを行う場合
(例:軽量な屋根材に葺き替え)
市区町村内に本店や支店がある施工業者に依頼する場合
(屋根のリフォーム全般対象の地域もあり)

>> 外壁・屋根塗装で助成金や補助金は使える?
>> どんなリフォーム・リノベーションが補助金対象?

台風・雪などの被害による工事は、火災保険を使える可能性大

台風や雪などの影響で、屋根の修理・改修が必要な場合には、火災保険が適用されるケースがあります。
(内容は、加入されている火災保険のプランによって異なります。)

>> 火災保険を使える工事の対象や注意点

ただし火災保険が適用されるのは「原状回復」のための工事と言えるため、カバー工法(重ね葺き)を行いたい場合は対象外とされる可能性が高いです。
特に雨漏りが発生している場合は、下地も劣化している危険性があるため、葺き替える方向で検討するとよいでしょう。

>> 雨漏りの修理・補修の費用相場

屋根リフォーム業者に相談

業者によっては、火災保険や補助金制度を活用しやすい工事プランを提案してくれる場合があります。
また、もしも利用できる制度がない場合であっても、予算を重要視したいときにはリフォーム会社に伝えてみましょう。

親身になってくれるスタッフであれば、ご希望に合わせて柔軟にプランニングしてくれるはずです。

予算についても相談できる
リフォーム会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

屋根リフォームでおすすめの業者の口コミ5選

最後に、当サービス『リショップナビ』を経由して、屋根のリフォームを実施されたお客様からのアンケートの一部を掲載します。
施工会社を選ぶ際のポイントなど、参考にしてみてください。

口コミ① 太田建匠株式会社のリフォーム/北海道江別市
相見積もりで唯一、迅速・丁寧に対応していただき、営業の方の迅速な対応・提案力、人柄も決め手になりました。
不測の事態があった場合もその都度連絡をいただき、完成までスムーズに進みました。
近所の人からの評判もよく、思った以上、そして価格以上の仕上がりに大変満足しました。

【築30年 / 施工内容:屋根 塗装、外壁 重ね張り / リフォーム費用:290万円(屋根・外壁の総額) / 2021年10月工事完了 / 男性】
口コミ② 株式会社リビングサプライのリフォーム/東京都調布市
数社から見積もりをいただきましたが、一番リフォーム箇所が多かったのに最安値でした。
説明も丁寧で分かりやすく、作業にいらした方々も礼儀正しくて好感を持てました。
満足度の高い仕上がりでもあったので、今後も長くお付き合いさせていただきたいです。

【築30年 / 施工内容:屋根 塗装、外壁 塗装、トイレ / リフォーム費用:220万円(屋根・外壁・トイレの総額) / 2021年6月工事完了 / 女性】
口コミ③ リプレ株式会社のリフォーム/大阪府大阪市天王寺区
7社から見積もりを取得したのですが、他社の場合は提案力や知識に欠けると感じました。
対して、こちらの会社は経験豊富な方が、希望を汲み取りながら提案してくれました。
新型コロナの影響もあって、見積もりから8ヶ月の間、絶えず状況確認の連絡をしてくださったことも、ありがたかったです。

【築39年 / 施工内容:屋根 塗装 / リフォーム費用:63.6万円 / 2020年6月工事完了 / 男性】
口コミ④ 株式会社リフォーム楽房(らぼ)のリフォーム/佐賀県佐賀市
担当の方は人柄が良く話しやすくて、施工者の方も誠実で真面目でした。
葺き替え工事のほかにも、サービスで小屋の波板を交換していただきました。
仕上がりも、丁寧で申し分ないものです。
工事期間中も、家の者に対して迷惑にならないよう配慮してくださり、掃除や後片付けも毎回きちんとしていました。

【築50年 / 施工内容:屋根 葺き替え / リフォーム費用:157万円 / 2020年3月工事完了 / 女性】
口コミ⑤ 住友不動産株式会社のリフォーム/千葉県柏市
担当の方がとても親切で、説明も丁寧で、火災保険の請求についてなど色々アドバイスもいただき大変助かりました。
共働きで平日は留守にしているため、週末に足を運んでいただきました。 大手の会社のため料金が高いかと予想しましたが、他社と比較しても良心的な価格だと感じました。

【築18年 / 施工内容:屋根 カバー工法、外壁 塗装 / リフォーム費用:360万円(屋根・外壁の総額) / 2020年2月工事完了 / 女性】

『リショップナビ』では、屋根のリフォームを手がける業者を、多数ご紹介しています。

「屋根塗装の費用について相談したい」「屋根の劣化具合を見てもらいたい」「どの工法が合うか、提案してほしい」など、プロの屋根リフォーム業者をお探しの方は、よろしければぜひご活用ください。

屋根のリフォームが得意な
施工会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶
屋根リフォームのポイント

【この記事の要点まとめ◎】

屋根をリフォームする際にかかる費用は、いくらくらい?
施工面積や劣化状況・使用する材料などによって変わってきますが屋根塗装=15〜80万円カバー工法(重ね葺き)=60〜250万円葺き替え=70〜260万円程度の予算を見込んでおくとよいでしょう。
屋根・外装リフォームの費用を安く抑える方法はある?補助金や火災保険は使える?
「屋根」だけではなく「外壁」や「ベランダ・バルコニー」のリフォームも未実施の場合は、すべてまとめて工事してしまうことで、トータル費用を抑えやすいです(詳細は、こちら)。

また施工内容や工事の理由、地域などによっては「リフォーム補助金(助成金)制度」や「火災保険」を利用できる場合があります(詳しくは、こちら)。
屋根のリフォームが得意な
施工会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶
このエントリーをはてなブックマークに追加

屋根塗装・屋根のおすすめ記事

  • リフォームで人気!ガルバリウム鋼板屋根の特徴・費用・メンテナンス方法とは?

    ガルバリウム鋼板は、屋根の葺き替え・重ね葺き(カバー工法)リフォームで非常に人気がある素材の一つです。「錆びない/メンテナンスフリー」などといわれますが、実際どうなのでしょう?ガルバリウム鋼板の屋根の特徴・価格、メリット・デメリット、葺き方、塗装などのメンテナンスや施工方法について確認してみましょう。

  • ジンカリウム鋼板屋根材のメリット・デメリット!主なメーカーや価格・リフォーム事例を解説

    軽量で丈夫な「ジンカリウム鋼板」は、葺き替えにもカバー工法(重ね葺き)にも適した、リフォームの際にも優秀な屋根材です。ただ混乱しやすいのは「自然(天然)石粒付き鋼板」「ストーンチップ鋼板」や、ガルバリウム鋼板とどう違うのか、といった点ではないでしょうか。調べている内に混乱してしまったという方は、まず「ジンカリウム鋼板屋根」の具体的な特徴や、メリット・デメリットについて理解を深めてみましょう。リフォーム価格・事例や代表的なメーカーもご紹介するので、参考にしてくださいね。

  • アスファルトシングル屋根の費用・メンテナンス方法と施工例!実際どうなの?

    アスファルトシングル葺きの屋根は、防水性が高く、洋風のデザインにしやすいのが魅力ですが、実際の耐久性や施工価格、補修・塗装の必要性などメンテナンス面が気になりますよね。そこで、アスファルトシングル屋根の特徴や施工方法、人気メーカー品の『オークリッジ』『リッジウェイ』で葺き替え・カバー工法リフォームを行った例をご紹介します。

  • 屋根瓦の種類・形・価格を比較!リフォーム時期や費用相場は?

    瓦屋根の葺き替えリフォームをしたい時、各屋根瓦のメリット・デメリットや、価格がどの程度かを知っておくと安心ですよね。そこで今回は、瓦を選ぶ前に知っておくべき「釉薬瓦(陶器瓦)」「いぶし瓦」「セメント瓦」などの種類や特徴、屋根瓦の主な形状の違い、そしてリフォームする際の費用相場について、ご紹介します。

  • 折板(折半)屋根の施工方法や塗装・カバー工法などのリフォーム単価をご紹介

    倉庫やプレハブなどに使用されることの多い「折板(折半)屋根」。リフォームを検討したくても、耐用年数はどれくらいか、どのような施工方法が適しているかなど、わからない点が多いものですよね。もし大掛かりな改修になれば、工事の値段も気になるところです。そこで今回は「塗装・カバー工法(重ね葺き)・葺き替え」といった、折板(折半)屋根の状態に合わせたリフォームや価格帯について詳しくご紹介します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。